月別アーカイブ: 2014年6月

アンティークの花瓶が増えすぎました

普段からアンティークが大好きで色々と集めています。実用というよりは、飾ったりしていることが多いのですが、場所をとって困っているのが大きなフラワーベースです。

昔の分厚いガラスで小さな気泡が沢山入っている花瓶が好きなのですが、特に迫力のある大きさの花瓶は、「庭のお花を摘んで、リビングにドーン!と飾ろう」と張り切って、何万円も出して購入したものばかりです。

ところがいざ新居を構えると、花を活けようと思ったところで、なかなかガーデニングまで手が回らず、庭は雑草だらけです。

おまけに「万一、地震で花瓶がひっくり返ったら、フローリングの隙間から水が滲みこんで床の断熱材を濡らしたり、木の土台を腐らせたりしてしまうのではないか?」と、怖くて花を飾れないのです。

また、猫を飼っていることもあり、「割れて怪我をさせたら大変」ということもあって、結局、そういった大きな花瓶は、未だ引越しの荷物の中で梱包されたままになっています。

ちなみに一番高い物だと、一つで15万円もする奴があります。一目見てすごく気に入ったデザインでちょっと高かったんですが、我慢できずに買っちゃったんです。しかも、お金を借りてまでして。。。

この、主婦の私でも借りれるこちらで借りちゃいました。。。

もちろん旦那には言ってないです(´・ω・`)

でも今となったら、使いもせず無駄だったな・・・って思うだけですね。

使わないものを沢山、それも高いお金で買ってしまい、物置で邪魔になっているのが現実です。

これらを買った時のお金が今手元にあったら、以前から行きたいと思っていたイギリス旅行に行けるのに・・・と後悔しています。

昔から、欲しい物があったら我慢せずにポンポン買ってしまう私の性格。よくよく考えてみたら、本当に無駄なものばかり買って、今思うといくら無駄遣いしたんだろう・・・?って感じですね。

さすがに反省して、これからは無駄遣いをなくしていくようにしないといけませんね。

膨大な数のブランド食器類

今まで一番無駄遣いをしてしまったと思うのは、膨大な数にのぼる食器類です。一番最初にブランド物のコーヒーカップを買った時、私はまだ独身でした。

当時は結婚に対して大きな憧れを抱いており、少しずつ集めた食器を使ってホームパーティーをするのが夢だったのです。

その後しばらく結婚をすることはありませんでしたが、相変わらず私の食器集めは留まるところを知らず、いつしか自宅の食器棚の中にはおさまらない数になっていました。

1客ずつならまだしも、セットで揃えようとしていたのですからそもそも最初から無理があったのです。結局私が結婚した時は新居におさまりきる数の食器を選び、後は実家に置いていくことになりました。

ところがいざ結婚して買い集めた食器を使おうとした段階になって、自分の趣味がかつてのものとは変わっていることに気がつきました。

若い頃は華やかな花柄の食器を集めていたものの、十年以上経った時には既にシンプルで落ち着いた物を好むようになっていたのです。

その結果、どの食器類も使うことがないまま、現在に至っています。また今なお実家の納屋には手つかずのままの食器類が放置されており、何とも無駄な事をしてしまったと心から後悔しています。

今まで全部勝った食器類の総額を出すと、結構な金額になるので、本当に勿体ない事をしたなと感じています。あの時買わずに、全部お金を置いておけば…なんて事を考えるばかりです。

中には、高い物で数万円、わざわざローンで購入したものもありましたからね。≪ゆうちょ銀行ローン

もう、いらない食器はすべてオークションで売ろうかなと考えています。 当然もとは取れないだろうけど、ずっと置いておいて使わないよりかはマシですよね。

買物って、よく考えてしないとダメですよね。今の年になってあらためて思いましたね。