膨大な数のブランド食器類

今まで一番無駄遣いをしてしまったと思うのは、膨大な数にのぼる食器類です。一番最初にブランド物のコーヒーカップを買った時、私はまだ独身でした。

当時は結婚に対して大きな憧れを抱いており、少しずつ集めた食器を使ってホームパーティーをするのが夢だったのです。

その後しばらく結婚をすることはありませんでしたが、相変わらず私の食器集めは留まるところを知らず、いつしか自宅の食器棚の中にはおさまらない数になっていました。

1客ずつならまだしも、セットで揃えようとしていたのですからそもそも最初から無理があったのです。結局私が結婚した時は新居におさまりきる数の食器を選び、後は実家に置いていくことになりました。

ところがいざ結婚して買い集めた食器を使おうとした段階になって、自分の趣味がかつてのものとは変わっていることに気がつきました。

若い頃は華やかな花柄の食器を集めていたものの、十年以上経った時には既にシンプルで落ち着いた物を好むようになっていたのです。

その結果、どの食器類も使うことがないまま、現在に至っています。また今なお実家の納屋には手つかずのままの食器類が放置されており、何とも無駄な事をしてしまったと心から後悔しています。

今まで全部勝った食器類の総額を出すと、結構な金額になるので、本当に勿体ない事をしたなと感じています。あの時買わずに、全部お金を置いておけば…なんて事を考えるばかりです。

中には、高い物で数万円、わざわざローンで購入したものもありましたからね。≪ゆうちょ銀行ローン

もう、いらない食器はすべてオークションで売ろうかなと考えています。 当然もとは取れないだろうけど、ずっと置いておいて使わないよりかはマシですよね。

買物って、よく考えてしないとダメですよね。今の年になってあらためて思いましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>